パスワードで保護されている記事をどうしても読みたい場合は、Twitterをフォローしてから聴いてみてください。

【2017年総括】Amazon自動価格改定ツールで感動したサービスはこれだった

更新日:

どうもゼンです。

今年がもうすぐ終わろうとしています。5月6月は出品作業以外はほとんど遊んでいたので、今年一年は去年と比較しても伸びはあまりなく例年通りの売上になりそうです。僕は売上を伸ばすことだけが事業ではないと思っていますので、これで十分幸せな過ごし方をしています。今、この記事を読んでいるあなたはどうでしたか?去年と比べ何か新しい発見や成長を感じることがありましたでしょうか。

さて、2017年。価格改定ツールを色々と試してきた結果、僕が今一番注目しているツールをここで紹介しておこうと思います。

そうですね、ちょっと「組み合わせ最適化」が必要なのと「アルゴリズム」という考え方が必要なツールではありますが、ご安心を初心者でも簡単に扱えるAmazon自動価格改定ツールです。

この記事は未完成です。
まだ紹介しきれていない機能などが多々あるので随時追記していきます。
12/18 HTMLメール紹介追加

2017年で一番感動したAmazon自動価格改定ツール:Book-Offもこれを利用

ぜん
これを選ばないのなら馬鹿とさえ思えるツールが誕生したぞ!

出品Tool、価格改定Tool、メール配信Tool、リアルタイム商品調査Toolとすべてがここで完結する。

「もうこれでクソ重いページとさようならだ」
ページ表示速度評価:

近年、価格改定ツールは高度化し、様々な機能が1ページに集約されるようになってきた。その副産物としてページ表示のもっさり感が生まれてきた。

ページを開いて数秒待って動くようになってから目的の作業をする。このたった数秒の間。これが繰り返しの作業をする上で想像以上にストレスになる。しかし、これはそれがほとんど感じない。さくさく作業が行えるのだ。(もちろんパソコンのスペックによって速度体感は変わります)

価格改定機能は現時点で最強、オリジナルな価格改定ルール作成が可能
価格改定詳細設定評価:

価格改定の細かな設定ができるのはコレだけだ。

正直、これが欲しかったという価格改定プログラミングがこのツールにはある。特に中古を扱うことが多いAmazonセラーにとっては非常に重要な価格改定ポイントがある。

それは、モノの状態によっては「コンディション状態合わせ」がマイナスになることがあるということだ。

中古には物によって複雑なコンディションがある。このコンディションの差で価格差が生まれるのがAmazon販売の特徴。しかし、コンディション状態合わせで出品すると、たった4つのコンディションで改定が行われ自分よりもコンディションがあからさまに良くない同じコンディションに価格が改定されてしまうことが良く発生する。よって、中古品の場合は状態合わせという方法で出品すると大損をすることになる

メモ

中古本、ゲームソフト、CD、DVD、出品者20人以上いる中古品、これらの一部はコンディション合わせが回転が速いのは当たり前な話。しかし、中古はそれだけじゃない。

僕は中古品は自分の価値観で値付けをする。この値段なら自分でも買うという値段設定だ。その自分の価値観が消費者と近ければ、その値段で売れていくのが中古の魅力。だが、消費者と価値観が合わないことだってもちろんある。その場合、徐々に値段を下げていく。というプロセスを取るのだが、D-PLUSはこのプロセスを事前に設定さえしておけば出品後はあなたの考えたオリジナルな価格改定を常に実行してくれる。

本当にこの価格改定アルゴリズムはすばらしい

アルゴリズムをあなたの思うプランで組むことができ、一度設定さえすればそれを選択するだけで良い。その設定は保存されており、何度でも呼び出し可能。まさに中古出品で求められていた価格改定だ。

「もう買時ツールだけという古代の遺物は買う必要がない!正気とは思えないこのツールの標準装備」
買い時通知機能評価:

店頭にて・・・

ぜん
ん~あと少しで利益でるんだけど、この商品・・・定期的にチェックするかー・・・

というシーン。ある程度の経験者ならよく思うことじゃないだろうか。そして毎日チェックするのだが、これが増えてくるとなかなか手間のかかる作業になる。

ところが、僕は、あと10%値段が上がれば、仕入れ対象になるような商品はこれのDatabaseに登録する。そして「値上がりしたら通知してね」というお願いをかけておく。そうすると、Amazonにて価格が上昇したらこれがぼくに教えてくれるのだ。

ぜん
よし価格上がったから買いに行こう

とはならない。価格があがっても売れなければ意味がない。

なので、2段階設定をしておく

価格が上がったあと、ランキングの上昇があった場合に通知という設定だ。これでAmazon価格が希望価格以上になっても売れる商品になったということがお知らせされる。

この機能は他にはない。そしてこれは一例だ。もちろん値下がりした商品の通知は当たり前についていて・・・

  • 新品(中古)出品者が減った増えた
  • Amazon販売部門が在庫切れした在庫復活した
  • 価格が上がってから、さらにその後にランキングが上昇した
  • ランキングがx%増えた

といった条件を複雑に組み合わせて自分好みにカスタマイズして商品を追跡調査してくれる。

ぜん
まるでこれは24時間働くAI秘書サービス

店舗せどりメインでもネットせどりメインでも、どちらにしてもかなりイケメンな機能だ。

Amazon刈取りが厳しくなった昨今。買い時通知だけのサービスが死にかけているが、このツールは総合的な買い時通知サービスなのだ。

馬鹿じゃないなら試すことをお勧めする。

「サンクスメール配信もリッチなHTMLメールで送信」
メール配信機能評価:

僕の運営するAmazonアカウントではHTMLメール配信に切り替えてから・・・

評価数が今まで1000件に売って約12~16件が評価してくれれば良いほどだった、それが今では1000件に売って25~30件が評価してくれるほどに評価率が増えている。さらに、評価の質は格段に向上した。

11月15日頃HTMLメールを導入し、このようになった。

10月発送完了数:888件 10月評価数:15件 評価率:1.68%
11月発送完了数:1051件 11月評価数:26件 評価率:2.47%
12月発送完了数:616件(18日時点) 12月評価数:17件 評価率:2.75%
ぜん
まじで増えた

もちろん文面を大幅リニューアルした。

この管理ツールを使ってできるメール配信では「差し込み機能」でお客様の名前を入れ込むことができたり、注文番号はもちろん、ASINや商品名、コンディションまで入れることができる。これらをフル活用して全面的に評価依頼メールをリニューアルした。

通常、リンクをメールに記載すると「https://」から始まる長いリンクが横に長く表示されるわけだが、HTMLメールだと「こちらから」というような文言と共にスッキリとしたメール文が出来上がる。

またよくある商品評価を店舗評価に入れてしまうお客様のミスを防止する施策も盛り込むことに成功し、今ではあからさまに商品評価といえる評価が店舗評価に全くはいらなくなった。

さらに、Amazon梱包(FBA)のクレームに関しても店舗評価にはいらないような施策をし、Amazonの梱包評価に関しても店舗評価にはいらないような状況を作り上げることができるようになった。

このように店舗独自のオリジナルなHTMLを使い、Amazon上のシステム的な「物」と「キャッシュ」のトレードというショッピング体験だけの世界に、少しでもセラー側を意識してもらうような体験を追加することができるようになった。

特典をプレゼント

このHTMLメールは秘密にしておきたいところだけれども、僕の紹介からこのサービスを申し込んでくれたら、僕が設定しているHTMLメールを「HTMLソースコード」まるごと特典でプレゼントします。

特典のテキストファイルを開いてソースをツールの配信設定に「コピペするだけ」の簡単設置。あとはメール文面の「XXXXXXX」をあなたのショップ名など変更が必要。簡単に良い評価が貰えるようになります。

もし設定が分からないということがあれば、この記事のコメント等でご連絡を。

 

ブログやTwitterでは言えない情報

せどり、Amazon物販で一般に公開したくない(できない)情報はLINEにて配信しています。
リアルタイムな情報を取得したい人、健全なAmazon物販の情報など、様々な情報提供が好評を受けています。
あなたも以下の「友だち追加」を押して僕からの情報を受け取ってみませんか。
友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぜん

国内物販2014年10月開始。4ヶ月で月商250万、利益率25%に到達。現在は400万~500万を推移しながらアプリケーション開発などを行う。仕入れはオールジャンルのカテゴリの新品から中古品含め幅広く仕入れます。専業:ビジネスコーチ/ネットショップコンサル/ウェブ制作/コピーライター/せどり/Amazon物販などなど専業としている仕事は多岐にわたり、クライアントからは存在がミステリアスと言われる。Amazonのみ年商5000万。今後は外貨を稼ごうと思う。

Amazon物販プレイヤーにおすすめの記事

1

どうもゼンです。 今年がもうすぐ終わろうとしています。5月6月は出品作業以外はほとんど遊んでいたので、今年一年は去年と比較しても伸びはあまりなく例年通りの売上になりそうです。僕は売上を伸ばすことだけが ...

-第六の習慣:道具
-

Copyright© せどり物販アービトラージ , 2019 All Rights Reserved.